新川崎・鹿島田で根治を目指す鍼灸なら、オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店
オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店

冷え症の鍼灸施術【冷えの身体への影響】

冷え症の鍼灸施術【冷えの身体への影響】



夏が終わり、

寒暖差の激しい気候になってきましたが、

皆さんの手や足、お腹に冷えはありませんか?




冷えは東洋医学の世界では

時に「女性の敵」とされ、

痛みなどの身体の不調を悪化させる要因となります。




なぜ、冷えは悪者になるのでしょうか?




今回はその「なぜ」を書いていきたいと思います。





『冷え』の性質




四季がある日本では、

必ず「冬」が存在するため、

冷えと向き合っていく時期が一定期間存在します。




「いつも冬だけ手足が少し冷える。」は、

単に冬の寒さが体に少し入ってきただけ、という可能性が高いですが、



「冬に手足の血色が変わるほど冷える」

「冬に手足の感覚がなくなる」

「お腹がキンキンになる」

「1年中冷える」

これらは、「冷え性」と言っていいでしょう。




冷えは、東洋医学の世界では下のような性質を持ちます。


・寒冷性 ― 冷えること

・吸引性 ― 冷えにより、気や血の流れを滞らせ、

      「詰まっている場所(=コリ)」を発生させる。

・凝滞性 ― 痛みが生じやすい。



また冷えは、上記の性質により、

ぼやっとした痛みも凝り固めることが出来るので、

痛みを増幅させる
という特徴もあります。



冷えの身体への影響―生理痛―



では、冷えは

具体的に身体にどのような影響を与えるのでしょうか?




女性で生理痛が辛い方はいらっしゃいませんか?




生理は、約3週間血を身体から溜めて、

1週間かけてそれを外へ排出するものです。




これに冷えが加わると、

排出前の血が下腹部で凝り固まり、凝縮され、

刺すような痛み
となっていきます。




生理前、生理始めの刺すような痛みは、

血の必要以上の滞りによるものなのです。



冷えの身体への影響―関節痛―



関節は、気や血がたくさん通る通り道です。




これが冷えによって

気も血も滞ってしまうと、

交通渋滞が起こることと同じような現象が起こます。




これが冷えの凝滞性により、

玉突き事故のようにギュッと必要以上に詰まってしまい

痛みもギュッと凝り固まってしまいます



冷えの身体への影響―筋肉・臓腑―



冷えが筋肉や臓腑へと入ってしまうと、

その筋肉や臓腑の機能が落ちてしまいます





筋肉に関しては、

単純に凝り固まり、動きが悪くなります。




そのため、動いた時の痛み筋肉のつる感覚に繋がります。




冷えによって悪化する、

下痢や便秘、頻尿、動悸、不眠、食欲低下など


これらは、冷えによって内臓に気や血がめぐらず、

機能が落ちてしまった結果の症状です。


冷え症の鍼灸施術



そんな冷え性ですが、

これは鍼灸施術で改善が期待できます♪




これまで話したように、

それぞれの症状は、

気や血の流れが滞って、凝り固まって、

症状となってしまったものがほとんどです。




そのため、

当院の鍼灸施術では、

まずどこで滞りを起こしているのかを特定します。




そして、その場所がわかれば、

自然治癒力を鍼の力で高め、

患者様ご自身の力で滞りを解消できるよう、

お手伝い
をします。




鍼灸施術は、

お身体の総合施術
です。




1つの冷えが、

血流・経絡に沿って全身へ症状を運びます。




その症状が大きくなる前に、

鍼灸施術で、全身の冷えの改善・症状の解消

していきませんか?



お得なキャンペーンのお知らせ


10月の今だけ限定!!



今月は、

『初めての鍼灸割』を実施しております♪


当院のご利用が初めての方限定で、

鍼灸施術 初診90分

¥14,300 → ¥11,000



こんなにお得なチャンスは今だけ!!


このお得な機会に、

冷えの改善していきましょう!


ご予約はこちら 




皆様のご来院を心よりお待ちしております♪



オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店
副院長 徳田麗早