新川崎・鹿島田で痛み症状なら、オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店
オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店

生理前の腹痛・腰痛なんで?【生理痛の東洋医学と鍼灸】

生理前の腹痛・腰痛なんで?
【生理痛の東洋医学と鍼灸】



皆さんは、

生理痛、ありますか?




近年はストレス社会と言われ、

ストレスがかかると生理痛(PMS)が重くなる」と

知られてきましたが、

これはなんででしょうか?



今回は、東洋医学や鍼灸における月経の捉え方を

「生理前の腹痛・腰痛」という観点からお伝えしていきます。





気の流れと血流

まず、東洋医学の世界には、「」の考え方があります。




とは、皆備わっているもので、

気によって体が動き、内臓をその場所にとどめて動かし、

血流がうまれ、気持ちも内臓と同じように揺れ動いたり
します。




これは月経においても同じことが言え、

気が血液(血)を子宮に流し溜め、

一定量溜まったら、

気の力によって、血液を外へ放出
していきます。





そんな気ですが、

ストレスがたまると、交通渋滞を起こします


ストレスがあると、

気を流すポンプ作用である臓腑=がダメージを受け、

気をうまく流せなくなり、

コリ(=気滞)が現れ、交通渋滞が起こるのです。





気がうまく流れなくなると、

その影響を受ける血液の流れにも影響が出て、

気と同じように血液も交通渋滞を起こします(=瘀血)。





交通渋滞を起こした血液は、

悪い方向に働きやすく、

東洋医学の世界では 血瘀(けつお)と呼ばれます。



血瘀は、交通渋滞により流れにくくなった箇所を

無理やり通ろうとするため、

刺すような痛みを感じやすいです。





この結果、

子宮・卵巣と同じ高さのお腹、腰あたりが

生理前の腹痛・腰痛に繋がる
のです。


生理前の腹痛・腰痛との向き合い方



ストレスによる生理前の症状は、

なんといっても、ストレス発散!!




根本的な原因がストレスなのであれば、

ストレス源との遮断か、たまった分発散するのが1番!




これは、鍼灸院にいらっしゃった場合でも

アドバイスをさせて頂いている点です♪





ですが、

長く詰まった交通渋滞が解消されるまでに

時間がかかるのと同じように、

溜まりすぎたものはなかなかすぐには解消されません💦





そのため、

流れやすく促すことをお勧めします♪


気・血を流す手段



溜まった気・血を流す手段は、いくつかあります!

1.セルフケア


1番やりやすいのが、

詰まった場所をほぐして流すことです♪



腰痛に症状が出ているのであれば、

ストレッチポールやテニスボールで

その場所をほぐしていく
と、流れやすくなります♪



また、症状が腹痛に出ているのであれば、

お腹を大きく時計回りで

なでてあげる
と、

気の代わりに手で流すということが出来ます♪


2.マッサージ


流してほぐす作業を

私たちプロに任せる
こともできます♪




詰まった場所だけでなく、

詰まった原因の場所も一緒にほぐしていくので、

さらに効果的です♪



さらに、

症状の緩和だけでなく、

もちろん気持ち良さもあります♪



人の手の心地よさは、

マッサージが一番感じ取りやすいかと思います♪



3.鍼灸


もちろん鍼灸施術で改善を促すこともできます♪



鍼灸施術では、

ツボに鍼をすることで、内臓の活性も狙えます。




そのため、長期的な施術後の状態の継続ができ、

根本的な原因であるストレスに耐えられる身体作りに繋がります♪


当院の鍼灸施術



当院では、

生理痛の施術も承っております♪



生理は、ストレス以外にも

加齢や疲労にも影響を受けます。




お身体をしっかり診ることで

原因を分析し、その原因の元気付けを行えます♪





これをご覧の皆様も

生理痛との向き合いとしての鍼灸施術やマッサージ

受けてみませんか??




皆様のご来院を心よりお待ちしております!





オリエンタル鍼灸院ジェクサー新川崎店
副院長 徳田麗早